スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACVDアセン四脚編

随分と前回の記事から間が空いてしまったような気がしますが、きっと気のせいですね。既に面倒くs
今回は四脚編です。

・四脚

コンセプト:四脚の武装はレザスピが主流で、ガトジュピやVTF等のインファイトアセンは稀。レーザー+ハイスピードミサイルの組み合わせは対軽量機として素晴らしい性能を誇っている。また削り武器としても使え、たとえ相手がKE型の重2であっても安定した削りダメージを与えることが出来る。以上のことを理由に1チームに1機以上はいることが多いだろう。
内装はFCSを250・ジェネをバイタル・ブースターを高出力のものにして、装甲値に合わせた盾を持つことが多い。武装は軽澤と中澤を上手く味方の編制に合わせて使っている場合が多い。例として中澤+中澤+盾+盾や唐澤+中澤+軽澤+盾などなど。
砲台壊しを担当する場合も多く、その場合は中澤+砂砲+盾+軽澤や軽澤+砂砲+盾+軽澤を持っている機体をよく見かける。
フレームはKE型、バランス型、TE型とそれぞれ強い装甲値が組めるが、共通していることとして軽量四脚のL4A-119が使われている。というよりもハッキリ言うとこの脚部が強すぎるせいで他の四脚を使う意義があまりない。APも27,000を超えていて積載も7500、移動制御も4200もある…フロムさん調整ミスってませんか?最も使われている重逆のLRHA-123(ウータイ)と比べてもAP差だけで7000もある。積載ペナと相まって重逆ちゃんの立場が…。


アセン例
①KC四脚
頭:HF-227(マギー) 
コア:CB-209(ヨツン)
腕:AB-107D(バリー・ブル)
脚:L4A-119(軽四)
AP:42,820 KE:1876 CE:2392 TE:390

↑レザスピアセンとしては最もポピュラーな四脚。ハイスピを衝撃込みで弾けるKE防御を確保している為、中~遠距離の射し合いで真価を発揮する。ネックは当然、パルマシも弾けないTE防御値。特にパルガン持ちの軽量機に無警戒のまま接近されてしまうとアッという間に落とされてしまうので注意しよう。相手にパルガン持ちがいた場合は狙われる確率が大なので予め自分で見るか味方に援護してもらうのか決めておこう。戦い方によっては自機を囮にして開所に相手を引きずりだしそこを狙ってもらうのも面白いかもしれない。パルガン当てを狙っている軽量機は逆に狙いやすいのでチャンスでもある。ただし、パルガン持ちとの1vs1にも限度があるのでTE盾は最低限1枚は持っておこう。以上の特性上インファイト機としてはあまり向かない。


②バランス四脚
頭:HF-227(ハワード・コールマン) 
コア:CA-215(盾コア)
腕:AD-134(第一世代アニマス)
脚:L4A-119(軽四)
AP:43,591 KE:1496 CE:2386 TE:886

↑素ハバスと素パルマシを弾く最低限の装甲値を持った四脚。上記アセンの他に頭をマギー、腕をアニマスにしたタイプの物もある。この機体の魅力は何と言ってもパルマシを弾いていること。重量機がよくお守り代わりに持っているパルマシを無効化できる。また、パルガンによるダメージも多少抑えられる。ネックとしては衝撃を受けるとハバスと威特オトキャのダメージが入ってしまう事だろう。上記の理由でKC四脚とのレザスピの射し合いは苦戦を強いられるだろう。いっそのことインファイトアセンにしてしまうのも手。


③CT四脚
頭:HF-227(マギー) 
コア:MATSUKAZE mdl.3(ダズホグ)
腕:AD-228(アニマス)
脚:L4A-119(軽四)
AP:48,607 KE:1048 CE:2323 TE:1452

↑高いAPに加えパルガンとジュピターまで弾いているタイプの四脚。複数の四脚の中に1機混ぜられると区別しづらく非常に面倒くさい。装甲値の特性上、ポデパルガン中2を使っている時に最も出会いたくない。弱点は当然KE防御値が低いこと。プロボは弾いているが、ハバスやバルド、オトキャを撃つとガリガリ削れる。その為、この装甲値の四脚に乗る場合はKE盾を持って大切に温存し、間違ってもタンクの射線に入ってしまうような位置取りはしないように心がけよう。特に威特オトキャを至近距離で喰らおうものなら一瞬でとろけるチーズになってしまう。


④フレモント弾き四脚
頭:KAGARIBI mdl.1(主任頭) 
コア:CB-209(ヨツン)
腕:AD-228(アニマス)
脚:L4A-119(軽四)
AP:45,899 KE:1508 CE:2463 TE:1086

↑最近はあまり見ることが少なくなったバランス四脚の装甲値を更に上げフレモントまで弾くTE防御値を持った四脚。ただし主任頭は消費ENが高くカメラ性能が悪いので中~遠距離の射し合い能力は劣化している。ある程度のKE防御値とTE防御値を生かしてインファイト機体として組むといいだろう。さりげなく高くなっているCE防御値もポイントの1つ。このラインまで来るとポデンカやストレコのダメージはあまり怖くなくなる。


⑤要塞四脚
頭:HF-227(マギー) 
コア:MATSUKAZE mdl.3(ダズホグ)
腕:AD-228(アニマス)
脚:UKIFUNE mdl.3(サミー・ジェルマン)
AP:49,375 KE:1503 CE:2429 TE:1465

↑パルガンやジュピターを弾くTE防御値に加え素ハバスをも弾くKE防御値を持った正に要塞級の重量四脚。当然APも高い。このアセン例ではTE防御値を重視しているが、他にも衝撃込みハバスを弾くKE防御値を持った重四やストレコまで弾くCE防御値を持った重四も組める。この機体の弱点は低い機動力。特にプラズマやオトキャには弱く開所で狙われたらいくら装甲値が高くてもガリガリと削られてしまう。壁蹴りは速いので壁とお友達になろう。もしくは上記の攻撃が届かない高度を取ってプカプカ浮こう。何れにしろマップを選ぶ機体だろう。


こんなところか。
次回はタンクのアセンをダラダラと書いていってその次に編制について書いていけたらなぁと思っています。
それではノシ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メソ

Author:メソ
PS3リンクズです
オンラインネーム:メソ
オンラインID:hananakazima_8

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。